早漏に定義はある?

投稿日:2017.10.24

男性の多くの悩みが早漏に関することです。
射精までの時間が短いことで、相手の女性を満足させられず、自信を喪失してしまうことにつながります。
しかし、男性の中には早漏の明確な定義を理解していない人も多いです。
挿入後すぐに射精してしまうのが早漏と思われがちですが、その正確な定義は30秒とも1分ともいわれています。

国際性機能学会の研究によると早漏の明確な定義は挿入から1分以内に射精する人だといわれています。
つまり30秒も我慢ができない人は完璧に早漏だと定義できるでしょう。
しかし、これは公的な定義であり、女性によってその定義も変わってきます。
一般的には相手を満足させることができなければ、早漏だといわれてしまうこともあります。
挿入から女性が満足するまでの時間は平均で10分くらいだといわれています。
10分以上は我慢できるほうが性生活をより楽しむことができます。

射精のコントロールに関してはいろいろな方法がありますが、個人差によって我慢できる方法とできない方法があるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。
早漏の人は、相手を満足させることができないことから、精神的苦痛を受ける場合もあります。
相手がそれほど気にしていないことでも本人にとっては、自信を喪失する原因となります。
そのため、できるだけ射精までのコントロールができるように訓練するといいでしょう。
刺激に対する耐性が弱かったり、視覚的な刺激の耐性がないなど、人によって早漏の原因は様々です。
原因をしっかりと探して、解明することで早漏を改善することができます。

早漏のひとは、国際性機能学会の研究結果をみて、参考にしてみるといいでしょう。
明確な定義や早漏に対する考え方を知ることができます。
射精までの時間が早くて精神的苦痛を覚える人でも訓練や経験を重ねることによって、時間を延ばすことができるので安心しましょう。
また、挿入以外のテクニックを覚えることで自信をつけることができます。

早漏の人の割合はどれくらい?

日本人は、ほとんどの人が早漏だといっても過言ではないくらい人数が多いです。
そのため、射精までの時間が短くて悩んでいる人はたくさんいます。
自分だけ特別ではなく、みんな悩んでいると思うことで気分を軽くすることができます。
また、早漏に関する正しい知識と予防方法もインターネット上にたくさん情報が掲載されています。

特訓方法も載っているので、一つずつ実践していくといいでしょう。
早漏改善の有料教材も販売されているので、真剣に悩んでいる人は購入を検討してみるといいでしょう。
早漏に関しては予防するスプレーやグッズも発売されています。
また、手術によってある程度改善できる場合もあるので、検討してみるといいでしょう。
自宅でもできるトレーニングがあるので、日ごろから訓練をしておくといいです。

また、経験が少ない人は、風俗などである程度経験しておくと、刺激に対する耐性を得ることができます。
年齢を重ねるにつれて、射精までの時間は長くなっていきます。
そのため、若いうちは早いのが当たり前くらいの感覚でいると、自信喪失を防ぐことができます。
年齢を重ねてから遅漏になることもあるので、注意しましょう。

どちらも訓練次第で改善することができるので、努力が大切です。
日本人の人口をみても3人に1人の割合で早漏だといえます。
外国人の場合には、ほとんど早漏の人はいません。
この違いを知るだけでも人種的なものだと理解することもできます。

早漏は人口のほとんどの人が悩んでいる症状なので、そこまで思いつめることはありません。
女性に対する接し方や相手と楽しむことを覚えると、自信は自然につくようになります。
本当に早漏のひとは、違う部分で努力をするといいでしょう。