早漏の原因における心因性早漏について

投稿日:2017.09.03 早漏 上記画像をクリックすると早漏の原因や改善方法がまとまっているページに飛べます

早漏にはいくつかの原因が挙げられますが、その中でも比較的若い男性に多いとされているのか心因性早漏です。
心因性早漏はその名の通り、性行為に対する過度のコンプレックス、トラウマ、または日々のストレスによって引き起こされている早漏で、体質的な面では何ら問題はない状態です。
心因性早漏はその原因さえ解消することが出来れば、勃起、射精に至るまで何の問題もなく済ませることができます。

若い男性の場合、性行為に不慣れな事、ネットなどから間違った情報を得てしまう事によって挿入時に必要以上のプレッシャーを感じてしまいます。
これによって男性器に加わる刺激に対し過敏に反応してしまい、結果として射精までの時間が短くなってしまいます。
一度でもこうした経験があると、次の性行為の際にも繰り返してしまうのではないかとストレスが増幅していきます。
これが悪循環を招き、早漏の症状を悪化させてしまう恐れも出てくるわけです。
そして、日々の疲れ、ストレスも早漏の一つの原因として挙げられます。
身体に疲れが蓄積されることによって自立神経に支障が出てしまい、それが男性器へも影響していきます。
自立神経と勃起、射精は非常に深く関係しているため、注意していくようにしましょう。

心因性早漏は精神的な部分が原因となっているため、医療機関で受けられる治療も限られていくことになります。
素人が全ての症状を解消していくことができるというわけではありませんが、早漏だからと言って医療機関でしか対策が打てないというわけではありません。
素人でも早漏の悪循環を食い止めることが出来ることもありますし、その治し方さえ理解していれば十分に対処していくことが出来るわけです。
とはいえ、何も知らない状態で闇雲に手を出すのは危険です。
まずは心因性早漏がどういったメカニズムで起こっているのかを十分に理解していくこと、そこから具体的な治し方をチェックして行くようにするといいでしょう。

心因性早漏の治し方について

心因性の早漏の具体的な治し方について、まず性行為に対するトラウマ、コンプレックスが原因となっている場合です。
トラウマやコンプレックスが発端となっている場合には、変に周りと自分とを比べないことがポイントになってきます。
ネット情報や周りの体験談だけが正しい情報というわけではありません。
性行為で勃起、射精に至るまでは千差万別、それぞれでケースが異なってくるものです。
もちろん、参考程度にとどめていくのであればいいのですが、必要以上にその情報を気にして神経質になってしまうと、さらに悪循環となります。

まずは気にしすぎない事、体質はそれぞれ違うのだという点だけは押さえておくことをおすすめします。
そして、日々のストレスがその原因となっている場合には、まずその原因を排除していくことからはじめていきましょう。
仕事や家庭でのストレスはその日のうちに解消することです。
リフレッシュを心がけるのはもちろんですし、睡眠時間を十分に確保すること、たったこれだけでも自立神経の状態は改善できます。

また食生活の改善も欠かせないポイントとなってきます。
栄養バランスのとれた献立を心がけること、普段不足しがちな野菜を積極的に取り入れていくこと、そのためには外食は避けるに越したことはありません。
仕事や私生活に忙しい人には難しい面も出てきますが、できるだけ自炊を心がけること、そして必要に応じてサプリや健康食品をうまく活用するのもおすすめです。
生活の質を上げることで自然と自立神経の状態は改善されていく、これによって早漏の症状もいち早く抑えていくことができるわけです。
心因性早漏の症状に悩まされているという人はまず、この方法で対処していくといいでしょう。